夫からの謝罪

ブログを始めたきっかけは、

久しぶりの夫婦げんかでした。

記事はこちら↓

life-is-distress-or-beautiful.hatenablog.com

 翌朝気まずいのは置いておいても、

自分の悪いところだけは謝ろうと、

きちんと謝罪しました。

「子どもの目の前であんなこと言って、本当にみっともないと思ってます。

愛情だの何だの、子どものこと考えればどうだって良いことなのに、

あんなこと言ってごめんなさい。

もう言ったことは戻らないけど、悪いと思ったから誤ります。」

夫は黙って聞いてました。

 

謝罪が済んでも気まずい空気は変わりませんが、

私の気は少し晴れました。

ずるいかもしれませんが、

これで今後怒り続けるかどうかは夫の選択になるわけですから。

 

翌朝、突然夫から「この前の事なんだけど・・・」

と話かけられました。

f:id:life-is-distress-or-beautiful:20181002110358p:plain

「この前のことなんだけど…」と夫


「あの時、すぐにいや愛しているよと言えなかったよね。確かに。

正直あっけに取られて、何も言い返せなかった。

自分にも悪いところがあったと思う。

仕事のことばっかりで愛情を表現していないけど、

きちんと愛しているよ。

それに、子どもの前で言わないといけないこともあるかもしれないね。

そんなに完璧な親はいないし・・・とにかくごめんね。

俺よりも子どもとずっと一緒にいるんだもん。怒ってしまうこともあると思う。」

 

ただの冷淡な人だと思っていたので、驚きました。

正直こんな冷淡で愛情もない人と、これからの長い人生このままずっと、

暮らすのは難しいと思っていたので、ほっと一安心しました。

私からは、

「いや、私も感情的になってしまってごめんね。いろんなことを理由にせず、

感情的に怒らないように努力します。

とにかく子どもが、

『パパはママのこと好きじゃないの?』と不安になって聞いてくるから、

子供にそれをパパから説明してください。」

とお願いして仲直りとなりました。

life-is-distress-or-beautiful.hatenablog.com

 

良い方向に転んでよかったです。

その後長男が起きてきて、パパが出勤前にしっかり、

「パパはこの前ママと喧嘩したけど、

ちゃんとママが好きで結婚したし、今も好きだぞ。」

と言ってくれ、長男はとても嬉しそうに安心した様子でした。

(その後安心して、思いっきり反抗期に拍車がかかるのですが・・・)

 

夫婦って難しいです。

今回良い方向に転びはしましたが、今後も今まで以上にお互い我慢したり、

相手を気遣ったりしながらも、自分の意見も主張する場面が出てくるでしょう。

同じ屋根の下、子育ての山あり谷ありを乗り越えて行く為には、

かなりの体力と精神力が必要です。

私はこの仲直りで根本原因は解消したとは思っていません。

今後も精進していきますので、宜しくお願い致します。

 

ブチ切れる子供とブチ切れる私

今朝とうとうまた長男にブチ切れてしまいました。

経緯を振り返ります。

昨夜長男は、サッカーイベントから帰った興奮冷めやらぬまま、

録画しておいた戦隊もののテレビを一時間見て、

昼寝をしようと横になりましたが、

眠ることはできず、そのまま居間でLaQを始めました。

 

そもそもこのLaQ、誕生日とクリスマス以外に、

どうしても欲しいというので買い与えたものです。

ブロックに夢中になれることは良いことかなと思い、

予算外でしたが、8100円のものを購入しました。

(今さらですが、誕生日以外でも、

欲しいものを言ったら買ってもらえたということが、

彼をさらにわがままにしたのではないかと思います。)

 

しばらくLaQの説明書を見ながら、作っていましたが、

途中で部品を探すことが面倒臭くなってきたのか、

妹と遊んであげているパパに、「手伝って~」と言い始めました。

パパが手伝うということは、妹の邪魔が入るということです。

案の定部品をぐちゃぐちゃにしてきた妹に、

蹴りを入れました。

それに怒ったパパが、

「そんなことすると、壊しちゃうぞ。」

と脅しました。

(これも良くありません・・・)

それに怒った長男はせっかく作ったLaQを床にたたきつけて壊しました。

f:id:life-is-distress-or-beautiful:20181001113715j:plain

長男が切れた

そしてそのまま暴れながら泣いてママが休んでいる部屋に来て泣きました。

その後なんとかなだめて長男とLaQで遊んでいた居間に戻り、

壊したLaQを片付けていると、LaQの部品が一つ壊れていることがわかりました。

衝撃で欠けてしまったのです。

それに再度長男は激怒し、「パパが壊しちゃうぞって言ったせいだー!」

と泣き始めました。

その後も気持ちが収まらないようで泣いて暴れて、

マンションの部屋を出ていきました。

(近所迷惑だったと思います・・・階下の方すみません)

 

 

心配なので、私は出て行った長男を追いかけて黙ってついていきました。

相当泣きじゃくり、うろうろした挙句、下のロビーのソファーに座りました。

頭をなでながら慰めましたが、

「壊れちゃった~もうできない~」と泣くので、

「パパが言ったことは悪いけど、壊したのは自分だよね。

ここで買ったら、また壊すでしょ。自分で壊したものは絶対買い直さない約束だから、

絶対買わないよ。 また何度も作って作るものがなくなったら買い足そうね。」

と言いました。

納得したのかしなかったのか・・・

時間はかかりましたが、落ち着きを取り戻し、部屋に戻って食事をすると、

元気になったのかパパとも仲直りしてその日はそのまま就寝しました。

 

問題なのは次の日の朝です。

出勤直前のパパが、「LaQ一緒に作ろうな。昨日ごめんな。」と言ったことに対し、

「もうやらない。部品がないからできないもん!」と言いだしました。

パパは「パパも手伝うから一緒にやろう。」と誘いましたが、

「できないもん!もうできないの!作りたくない!」とブチ切れていました。

パパからさらに何かを引き出そうとしているかのようです。

もう私の辛抱は限界を超えました。

 

その後私が作った朝食に対し、

「これ嫌いなんだよね~」といったことに端を発し、私はブチ切れました。

怒鳴り、バカと言いました。

「自分で壊して、自分で暴れて泣いて、バカじゃないの?」

「誕生日以外に買ってあげたLaQがいけないんだね。

できないならいらないね!じゃあ捨ててしまおう!」と言って、

思いっきりLaQのケースをごみ箱に捨てました。

LaQのケースの破片が飛び散りました。

長男は大泣きしました。

 

結局大人げない私が怒ってしまい、この件は決着しましたが、

長男の心は決着したのかどうか・・・

 

■■■許せなかったこと■■■

・せっかく買ってあげたLaQを自分で壊して自分で暴れていること

・もうできない といつまでもブチ切れていること

・「弁償だ!」「お金があれば!」等 事実だけど言動が許せなかったこと

・ぐずって何かを引き出そうとするズルさ

・暴れ方が半端じゃないこと

 □□□考えられる原因□□□

・そもそもサッカーイベントで疲れていた

・眠かった

・妹とばかり遊んでいるパパに構ってほしかった

・とにかく思い通りにいかず、自分で部品も壊してしまったことへの後悔

 

今回、怒ったことは後悔していませんが、

こうして振り返ってみると、親のブレと、

落ち着いた対応ができていない(親もブチ切れてしまう)

のが良くないのかなと思えてしまいます。

●怒鳴ってしまったこと

●彼のLaQを捨てるという暴挙に出たこと

●ケースが少し破損してしまったこと

をとても今後悔しています。

 

その後、私の怒った原因は理解できたようで、約束を三つしました。

・ごはんの文句を言わない

・お金お金言わない

・大切なおもちゃは壊さない

 

そして、LaQのケースを壊してしまったことを謝りました。

 

振り返ってみて思うこととして、

予定外に欲しいと訴えるものに対し、やすやすと与えることが、

我がこの子の場合、良くないのではないかと思いました。

物を大事にしません・・・わがままに歯止めがかかりません・・・

自分の怒りにも歯止めがかかりません・・・

とんでもない子育てになってきてしまって、

これがもう少し大きいと、家庭内暴力の様相を呈してきそうです。

考えすぎでしょうか。

これからゲームを欲しがったりすることを考えると、この先恐ろしいです・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イライラポイント "時間に追われること"

今朝は子供たちがなかなか起きませんでした。

下の子は夜中咳をしていたので、おそらく良く眠れなかったのでしょう。

私自身も下の子の咳が気になって良く眠れず、寝坊しました。

長男は夜遅く寝たので、ただ眠いのでしょう。

なぜ夜遅く寝たかというと、

「本読んで~。」「もっと読んで~。」

という子供の期待に応えようとして、

寝かせるのが10時ぐらいになってしまったからです。

加えて本を読む前に、私がベランダで洗濯物を干そうとすると長男がついてきて、

「ママといるー。」と言い出しました。パジャマだと結構寒かったので、

「冷えるからお部屋に入っていなさい!」と言っても、

「嫌だねー。」と最近はこんな調子です。

放っておいたら結局冷えてしまったようで、

夜なかなか眠れないという結果になってしまいました。

f:id:life-is-distress-or-beautiful:20180928112938j:plain

イライラしてしまうママ


結局なんとか起こして朝ごはんを出しましたが、もたもたしてなかなか進みません。

約束してある時間までに食べ終わらない場合、

その日1日テレビが見られない約束になっているのですが、それも諦めたようです。

食べ終わらないと片付けができず、私の準備もぎりぎりになってきてしまいます。

そうすると、

(あーもうまた保育園に急いで行かなきゃいけなくなる!)

(今日も駅まで小走りしなきゃだー!)

とだんだんとイライラしてきてしまいます。

でも目の前の子供たちは、のんびり着替えもせずに、遊びだしました。

結局何かのきっかけで、

「もう早くしなさい!ママ遅刻しちゃうでしょ!時間見てよ!昨日より遅いよ!」

と怒ってしまいました。

黙っている長男にその後も、「そもそも昨日ベランダに出ないでって言ったのに…」

とぐちぐち怒っていると、

「それ昨日言われた!どうして何度も言うの!」とぶち切れられました。

そこでいつもなら、さらに私がブチ切れてしまうのですが、

今回は何とか抑えて黙ってみました。

心の中で『しょうがない。 しょうがない。』『急ぐべきっていうわけじゃない。』

とつぶやいて、何とかイライラ気分をやり過ごしました。

 

時間に追われるというのが、

私の一番のイライラポイントだということは、十分理解しているのですが、

■時間に追われないように行動する

■時間に追われても、イライラしてブチ切れないようにする

ということができないないまま、気が付けば来年長男は小学生です・・・

 

こうして自分で書いてみると、

時間に追われないように徹底して行動することができていませんね。

そして私が今とりあえず本気で取り組もうとしているのは、

イライラを自分で沈めて、ブチ切れないようにすることです。

 

イライラしない・怒らない為の自己改革については、

今後、アドラーやお釈迦さまの力を借りて勉強をする予定で、

いくつか書籍は購入しましたが、まだ読めていません。

とりあえずすぐできることとして、いろいろな方のブログを参考に、

"イライラしたときの魔法の呪文" を実践しています。

私の場合は、『しょうがない。』と『急ぐべきっていうわけじゃない』です。

今回は少し効果があったようです。

 

自分で書いてて思いましたが、

私は子供たちがすっきり起きれる努力をしていませんね・・・

そして、『時間通りに準備できないと1日テレビが見れない』

という罰や脅しは、根本的な解決になっていないことが分かりました。 

その場限りのものです。

『急ぎなさい』の脅しバージョンに何ら変わりないと気が付きました。

う~ん・・・子育てって難しい・・・

 

とにかく子供にブチ切れてしまうこと自体が私の課題なのです。

夫婦喧嘩にも繋がりますし、後味も悪く、

子供へも悪い影響しか与えていないと思うのです。

日々修行です・・・

 

 

夫婦喧嘩後の長男

子供の前で夫婦喧嘩をしてしまった後、

長男は、

「パパはママのこと好きじゃないの?」

「テレビでやってたんだけど、『離婚』って何?」

と聞いてきました。

f:id:life-is-distress-or-beautiful:20180927114104j:plain

夫婦喧嘩後の長男

 

離婚なんという表現は一切喧嘩の間出てきていません。

おそらくテレビの中の夫婦は、喧嘩中『離婚だ~』と言っていたのでしょう。

思っていた以上にやはり子供への影響は大きかったと思いました。

おそらくは、他にもいろいろと思うことはあったのではないかと思います。

 

「パパとママは離婚しないよ。あの時は喧嘩になっちゃったけど、

大丈夫だよ。安心しなさい。」

と答えましたが、納得していない様子でした。

子供も分かるんでしょう・・・

ママは自分を安心させようとしているだけだと・・・

 

子供は6歳ですが、テレビの影響か割といろいろ理解しています。

やはり私が、

『私に子供の半分でも良いから愛情をもって接してよ!』とぶち切れてしまい、それに夫が何も答えずに怒ってしまったことで、

(パパはママを好きじゃない。好きだったら好きっていうのに言わなかった・・・)

となってしまったのでしょう。

まあ私も思いましたけど・・・そこで「いや愛しているよ。」とは言わないんかいと。

 

あんなにぶち切れて言われたら、プライドでそんなこと言えないだろうなと思ってはおりますが、まあほとほと嫌になったのかも分かりません・・・

自分がひっくり返したお盆ですから、

どうにか子供の不安を取り除けるように努力してみます。

子供の前で恥ずかしい喧嘩

まずブログを始めるきっかけになった出来事を書きます。

昨日夫婦喧嘩をしました。
子供の目の前で・・・
「この子達に表現する愛情の半分でも私に愛情深く接してよ!」
と泣きながら怒鳴りました。

帰ってきた答えは・・・
「子供の前でそんなことを言うこと自体が信じられない・・・」
「ヒステリックに叫ばれるから、毎回何も言えない。」

私「・・・。」

 

f:id:life-is-distress-or-beautiful:20180927112252j:plain

子供の前で夫婦喧嘩


もともと表面上は仲の良い夫婦ですが、
ちょいちょい相手への不満はたまっているわけで、
それが爆発してしまったんですね。
最近子供にもイライラしてヒステリックに怒ってしまっていることがあるので、
そこを指摘されたのがきっかけでした。

夫は冷淡なタイプ。
愛情表現は皆無です。スキンシップは全くありません。
夜の営みも一切ありません。
スキンシップがないことは女性としての私が無視されているようで、
言い知れぬ不満がたまっておりますが、
夜の営みについては、不満はありません。
子育てと仕事で日々精一杯ですので・・・。

冷淡なタイプなので、私に何か言いたいことがあるときも冷淡です。
「グサッ」ときます。

でも夫の言っていることはもっともだと納得し、余計に涙が出てきました。
(取返しのないことを言ってしまった・・・これで余計に相手に何も言えなくなってしまいましたね。お互いに・・・)
と後悔とやるせなさでいっぱいです。

子供に怒る姿は確かに嫌なものですよ。
夫が子供に怒る姿を見るといつも嫌な気分になるのに、
自分の怒りは止められない私・・・

まだ40になったばかりですが、更年期障害が始まったのか、
生理前のイライラとものすごい頭痛に苦しんでいて、
加えて仕事・家事・子育てと時間に追われている日々。
子供のイヤイヤや癇癪、のんびりちゃんと散らかし悪魔にはにブチ切れてしまうのです。

はい・・・これもただの言い訳です。
イライラしない大人のママもいますので、
私は本当にダメな人間だと思っています。
そこを夫に指摘されると、とても悲しくなってしまうのです。
正直こんなダメなママは必要ないんじゃないかと、
死んでしまいたくなります。
そんなことを考えること自体ダメなママです。

怒りを抑える本でも買って、ひたすら心の修行に励みます。
めったに喧嘩はしませんが、喧嘩の度に夫婦関係が悪化しているように感じます。
これからどうなっていくのかをつづり、
自己を振り返るためにも初めてブログを初めてみることにしました。

よろしくお願いいたします。